SSL_write

2018/01/30

SSL_writeでリクエストの書き込みを行う。

/docs/man1.1.0/ssl/SSL_write.html

SSL_write.cで、

用意したGETリクエスト文字列をSSL_writeで書き込み、戻り値のwrittenには書き込めたバイト数が返る。

$ vi SSL_write.c 
$ gcc -o SSL_write SSL_write.c -lssl -lcrypto
$ ./SSL_write 
connect success.
ctx = 00a94ff0
ssl = 00a95c20
SSL_set_fd success!
SSL_connect success!
request_len = 61
SSL_write written = 61
$

リクエストのバイト数と書き込めたバイト数が同じなので全て書き込めたことがわかる。

Sample/openssl/SSL_write/SSL_write/src/SSL_write at master · bg1bgst333/Sample · GitHub